重症になる前の要相談が今後を左右【糖尿病の治療は医師との二人三脚が大切】

病棟

胃にできるがん

flower

症状と予防法

胃がんは、早期から自覚症状が出る事はなく、進行したとしても症状が出ない事もあるため、早期発見をする事が極めて難しいがんだと言えます。胃がんの初期症状としては、胃の痛みや不快感や違和感を始め、吐き気・食欲不振による体重減少・貧血などが主であり、進行すると症状が重篤なものになります。このような早期発見が難しいとされる胃がんは、日頃から予防する事が大切である事が言えます。予防法としては、喫煙や飲酒を控える・塩分が高い食生活を改善するなどの生活習慣を改善する事が挙げられます。また、胃はストレスなどの精神的な面で影響を受けやすく、胃がんにかかる患者さん達は、様々なストレスを抱えているという共通点がある事が分かっているため、ストレスを解消させる事も予防に繋がると言われています。

原因と治療

慢性胃炎や、ヘリコバクターピロリ菌による感染を始め、喫煙・過剰な飲酒・塩分が高くて野菜の少ない食生活などの生活習慣などが胃がんにかかる特徴的な原因となっており、これら全ての原因を作り出しているのはストレスである事が分かっています。そのため、ストレスは溜めないようにする事が大切です。胃がんの治療は早期発見をする事が出来ると、簡単に完治させる事が可能となります。しかし、気付けずに進行がんになってしまうと、重篤な症状に悩まされたり、様々な場所にがん細胞が転移してしまったりして、満足な治療が行えなくなる可能性が高くなります。そのため、胃がん治療において一番大切だと言える事は、早期発見をしてすぐに治療を行う事です。